2014年1月23日 (木)

チョコレートやられました・・・

やっちまったあああああああshock
マッサージのお客さんが、お茶と一緒にだしてくださったチョコレート。
残りをラップに包んで、帰りの車の中でどうぞー♪と持たせてくださったのですが、
食べ残しをテーブルにうっかり置いて、椎太にやられましたcrying

まさかのチョコレート。
数ある犬に食べさせてはいけないと言われる食材の中でも、根拠が明確で本当に食べさせてはいけない数少ないモノのひとつ(と、私は思っている)をやられちまうとは・・・
バカバカバカー!私のバカー!!

残りは少しだったので、おそらく大丈夫だろうとは思いますが、念の為に調べてみましたら、体重別&チョコの種類別に影響があるであろう量を表示してくれるサイトを見つけました。

ふむふむ・・・ま、あの程度なら影響ないな、きっとε-(´∀`*)ホッ
大型犬でよかった・・・。

NationalGeographicのサイトで、そのチャートが見られます→こちら

ちょっとわかりにくいですが、体重でKgを選んで、チョコレートはgramsを選ぶのが分かりやすいです。
体重の変更は、犬の絵とチョコの絵の間にある縦の線にくっついてるボタンをスライドさせると下に行くほど大きくなります。

犬への影響も、チョコの種類別に、嘔吐下痢→致死までの4段階に分かれているので参考になりますねー。

ぎゃー!うちの子チョコ食っちゃったよー!!
ということがありましたら、ぜひご参考になさってくださいねっheart02
(ねっ、じゃないっ!)

それにしても、明日は山越先生のセミナーだというのに・・・
先月、盗み食いの相談をして、
「盗み食いは管理の問題です」って言われたばかりだというのに・・・
合わせる顔がないです・・・sad

2013年11月18日 (月)

腸閉塞の危機

実はこの数週間、椎太の体調が絶不調だったのですが、やっと終結宣言をしても良さそうな感じなので、記録としてここに残しておきます。

腸閉塞起こしてたんですけどねshock
ネットで検索しても、手術しました!とか怖いことばかりヒットしたので、手術をしなかったこんな経過もあったんだよという記録が残ってるのもよろしいかと。

10月23日:ワタと毛玉を吐く。この時は、あらー、ワタ食っちゃったのね~coldsweats01 とのんきなものでした・・・。
24日、25日: 軟便。ご飯を減らして様子見。乳酸菌をご飯に混ぜてみる。
26日:便の状態は普通。夕方になると胃液を吐く。明け方にも胃液。
27日:わんわんフェスティバルで一日不在。

28日:明け方に胃液を吐く。さすがに不安になって獣医へ。輸液(500ml)、吐き気止めと抗ヒスタミンの注射。 肥満細胞腫の再発?(肥満細胞腫ができると、胃に来るコが多いらしい)、たぶん季節性の胃腸炎だと思うけれど・・・と先生。

29日:明け方になると胃液を吐くのが止まらない。うんちも粘液便で、ちょっと鉄臭い(腸管内で出血?)再度受診。
吐いた胃液にちょっぴりワタが混じっていたので、そういえば・・・ワタを食った!と報告。
もしかして、それが原因かも?
点滴(1000ml)と注射。

30日:水曜日はかかりつけの獣医さんが休診日。夕方になると胃液を吐く。ずーっと一カ所で横になって動こうとしないので、夜はリビングに布団を敷いて添い寝。

31日:なぜか!?急に昼から元気に!?
夕方、通常量の、ほぼワタで出来たウンコを排出。これか!これなのか!?
獣医さんにTELしたところ、きっとそれで大丈夫でしょう♪とのことで受診中止。
夜はさらに元気!!

11月1日:もうワタが排出されたので、大丈夫だね、と思ったのもつかのま。また元気がなくなる。夕方胃液を吐く。

2日:動く気力なし。ごはんも食べない。
友人のJちゃんが来てくれて、ちょっと嬉しそう。だけどテーブルの上に乗っているものにも目もくれず寝ているなんて、有り得ない・・・。
夕方、点滴&注射
もう開腹した方がいいんじゃないか?と先生に相談。
・内視鏡は、胃の中の検査も兼ねられるので、するなら内視鏡(肥満細胞腫の線も捨ててない)
・だけど、内視鏡で見られるのは胃まで。腸はわからん。仮に胃の中にワタがあっても、ワタはほぐれるので、完全除去は難しい。
・バリウムで腸のレントゲンは、現在完全に閉塞していない(ウンコ出てる)ので、バリウムが流れてしまって、ちゃんとわからない可能性がある。
・ウンコが出てるので、このままウンコとともに出てくれるのを待つのが椎太への負担は少ないと思われる。

などなど相談の結果。
このままウンコとして出てくれるのを待つことに。
実は椎太の後にも、ワタを食べて胃液を吐く柴犬が受診したそうなのですが、その子はバリウム飲んで完全に詰まっていることが判明したので、即手術となったそうです。
つまり、この先生が必要だと思った時には、その判断をしてくれるはず。
今はまだ、椎太の状態はそこまで悪くはないと、先生は診断しているのだと、そう信じてみました。

とはいえ・・・夜ご飯は寝てる口元に持って行っても、食べず。
Jちゃんのおみやげのケーキの生クリームをほんのちょっとだけ舐めた。
いやいや、アンタはホールケーキイケる子でしょっ!と心のなかで泣くcrying

11月3日:この日もリビングで寝ていたのだが・・・朝っぱらから「母ちゃん、腹減ったー!めしめし!」と起こされ・・・ええっ!?
またもや、急激に元気に!
これはまた詰まっていたブツが腸の中を動き始めたのかも?
この日は、友人たちとドッグランで遊ぶ予定があり、当初は雫だけを連れて行くつもりだったのですが・・・「ドッグラン行ったほうが、いっぱいウンコするからいいんじゃね?」という父ちゃんの言葉にも一理あり、家族みんなでおでかけしました。
着くなり、ワタウンコ(笑)
ドッグランでも、いつもどおりちょっとウロウロしたら、他の飼い主さんに甘えまくり(笑)

この日に出たものが、ピークだったらしく、その後は少し戻したりワタ入りウンコをしていましたが、ほぼ通常の生活に戻りました。
ここ一週間近くは、ウンコにワタも無く、嘔吐も無し。

これにて一件落着~。
今回は完全閉塞にはならずに事なきを得ましたが、腸閉塞はほんとに怖いので、特に椎太のような口がいやしい子は気をつけないといけないですね。

2013年10月 9日 (水)

はみがき始めました

1381298596047.jpg

がっつり歯磨きされて放心状態(笑)
歯茎に腫瘍(悪性では無かったので、ご心配無く!)を見つけてから、出来るだけマメに歯ブラシ使って磨くようにしてます。ガーゼで拭いて満足していては早期発見はできんよね!

私もここ数ヶ月、月一で歯医者に行って歯磨きチェックされています。正しく磨けば歯磨き粉はいらないんだって!その代わり20分磨けって言われてるけど…。
なので犬のお口もブラシを使ってシャカシャカやってます。歯磨きガムとかアイテムはいろいろあるけど、多分ホントはこれが一番正解なんだろうな。

獣医さんで歯磨き指導をもっと力いれてやってくれたらなあ。パピーの頃から毎日やれば、歯周病で困ることもないのにね〜。

マッサージのお仕事で、たくさんのワンコに近くで接する機会が増えたけど、正直マスクしたいぐらい口が臭う子もいます。臭いだけならまだしも、様々な病気の元になるという話もあるので、お口のケアはホントに大事。

自分が歯科で歯磨き指導されたように一本一本丁寧に。ブヨブヨで赤く腫れた歯茎が引き締まりますように〜!

2012年10月 6日 (土)

椎太手術しました

椎太の目にイボのようなものができて早数年。悪いモノではなさそうなので、ずっと様子見だったのですが、当初より2倍以上の大きさになってきて、眼球への刺激もあるようなので、取ることとなりました。

1349503857244.jpg

わかるかなか〜?目頭に黒くてもにゅっとしたブツがあります。

どうせ全身麻酔をかけるのならば、と、あちこちにできている脂肪腫らしきモノたちも取ってもらうことに。
さらに歯石取りもお願いしましたcatface

オペは日帰り。午前中に預けて、夕方には帰ってきました(^_−)−☆
脂肪腫を取った跡がけっこう痛々しいです…
目の方は、見ても分からないぐらいなんですけどね。


1349503858927.jpg


右体側二ヶ所と背中二ヶ所。がっつり毛刈りされました。体側の傷は、筋肉がよく動く場所なこともあって、なかなかきっちりと血が止まってくれませんcoldsweats02
しかも、足で掻いちゃうのでさらに危険…
今はタオルを当てて、包帯巻いて保護してますが、早く傷口ふさがってくれ〜‼

最近、いろんな犬の全身を触らせてもらう機会が増えたのですが、10歳ぐらいの大型犬って、ゲンコツ大の塊を抱えている子も多いのですよね。悪性じゃないから、様子を見るというのは椎太の時も何度も言われたことなのだけど、いざ取りたい大きさになった頃には、いいお年になっちゃって、全身麻酔したくないからそのまま…ってことも多いみたいです。あんまり大きいものは、やはり運動を阻害することもあって、悩ましいですね。
そんな意味では、このタイミングで気になるところを取れたのは良かったかも〜。

2012年8月13日 (月)

続くときは続くなあ

先日きのこを食べて病院送りになった椎太ですが。

随分前から上まぶたにできていた、いぼのようなモノが大きくなってきたので、いい加減に切ってしまえ~!と病院に行って来ました。
場所が場所だけに、眼科専門の先生がいる獣医さんに、足を伸ばそうと予定していた前日に、雫のお尻が化膿していることを発見してしまい、二人揃って獣医さんへ・・・。

椎太のデキモノはデリケートな場所なので、術後かなり長期間のエリカラ生活を強いられるらしく、今の季節は熱中症が怖い。熱中症対策に24時間温度管理したら、来月の電気料金が怖い・・・down

ってことで、涼しくなってから手術してもらうことになりました。
偶然にもお友達のボーダーも同じような手術をしてもらったそうで、しかも椎太よりも厄介な位置(まぶたの裏側の奥だったそうでsweat01
だけど、今は言われないとわからないほどきれいになっているので、ちょっと安心しました。

雫のおしりは、膿皮症sweat01 うちに来たばっかりの頃にさんざん手こずらせたヤツです。もう何年もご無沙汰だったので、油断してました・・・。
抗生物質と塗り薬、3日ほどのエリカラ生活で、こちらはほぼ治りましたscissors

そんなこんなで病院続きで、ふーやれやれsad

と、一息つく間もなく・・・

突然椎太のマズルが腫れ上がってすごいことにshock

Img_0102
鼻先が盛り上がっているのが、わかります?
病院に行って診療してもらっているうちにも、どんどん腫れてきて、これはヤバイかもcoldsweats02
と、ステロイドの注射を打ってもらいました。おそらく、何かのアレルギー反応なんですが、原因不明・・・。
気管が腫れてくると怖いから、と獣医さんに脅かされてビビっていましたが、ステロイドのおかげであっという間に治りましたcoldsweats01

実はその後、雫がお腹をこわしたり、吐いたりという事件もあったりしたのですが、これは椎太がきのこを食べた時にもらった胃薬で乗り切りましたcatface

大丈夫なときは、ワクチンとフィラリアぐらいしか用事が無いのに、この夏は病院通いの夏になってしまいましたよ~。
もうこれ以上、何も起こりませんようにsign03

2010年11月17日 (水)

雫たん、負傷!

うっかり3日もたっちゃいましたが、前回の続報ですsweat01

土曜日は、スウェーデン式ドッグマッサージのセラピストコース第一回目がありました。

もちろん練習相手として、椎太&雫同伴でnote

スクール中は、もちまえの愛想のよさを発揮していろんな方の練習台として使ってもらい、

1011171

友人宅に一泊して(犬たちは車中泊)、不在の友人パパ行きつけのすし屋で、友人パパのいれた焼酎のボトルを空にし、

帰りの高速道路SAで、憧れのつぼ焼き芋にご対面し、

1011171_2  

談合坂と駒ケ岳、2箇所のSAのドッグランをはしごして、楽しい週末を過ごしたはずでした

1011172

事件はそこでおきました・・・

はしゃぎすぎた雫さん、いつの間にか右手の狼爪がばっきりと折れていました~shock

しかし、キャンとも言わず遊んでいるので飼い主も中々気付かず、通りすがりの人に、怪我してるわよ~と指摘される始末coldsweats01

帰宅後、病院に行ったら折れているところからむしりとられましたcoldsweats02

そんな訳で、現在もエリカラ装着生活は続いています。

1011172_2

何が不便って、ご飯が。

手作りのおじや風ごはんなんですが、カラーが邪魔で余計に焦るのか、がっついて食べるもんだから顔の周りに飛び散るんですよ。で、顔もカラーもドロドロ・・・

仕方ないので、雫だけこんな風に食べやすくしてみました

101117

何の事は無い、おじやに小麦粉と卵を混ぜて焼いたお好み焼き。これなら一口ずつ手であげられて、汚れることはありませんcatface

しかし、一手間かかるので面倒なことこの上ない。

しかも焼いている間、椎太がこんな目で見つめてくれるので・・・1011171_3

ボクの分は無いんだよ~。

いろいろ面倒なので、早くカラーが取れてくれるのを待つばかりです。

ついつい一口だけあげちゃいましたけどね(笑)
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2010年11月14日 (日)

マッサージ教室に行ったんじゃなかったの?

雫どうした~っ!?

101114

詳しくは続報をおまちください<(_ _)>
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2010年8月29日 (日)

マッサージ

土曜日に、お友達の凛くんに誘われて、犬のマッサージに行ってきました。

東京まで

名古屋から東京まで、わざわざ犬のためにマッサージ受けに行くなんて、どんな酔狂な人だろうと思われそうですが、こんな酔狂な人です、ハイcoldsweats01

まあ、アレですよ。いろいろ事情がね。

主な事情は、名古屋はおろか、東海地区でやってくれるところがない。らしいんですわ。

今回、凛くんに便乗させてもらうので、犬は一頭のみ。

選抜されたのは、雫さんでーす。

1008283

いったい何をされるのか、緊張気味の雫さん。

お店は立川市にありました。立川といえば、椎太の親戚さんのあかりちゃんが、近くにいるはず。と思ったら、あかりちゃんが「つぼやきいも」を買い食いする谷保天満宮の前を通ったりして、おお~っと一人で興奮してしまいましたhappy02

でも、まだまだ暑さ真っ盛り。つぼやきいもは冬までの我慢にしましょう。

凛くんがお風呂に入っている間に、一足お先にマッサージを受けた雫さん。

おとーさんのマッサージで慣れている、とは言うものの、知らない人に体を触られるのはやっぱり緊張します。椎太と違って、知らない人にまで自分から撫でて~ってキャラじゃないからね。

それでも、やっぱり気持ちいいらしく、口元が緩んじゃったり

1008281

右側はあんまり触って欲しくないらしく、笑顔でなんとか誤魔化そうと試みたり(笑)

↓は、気持ち良い顔ではなく、誤魔化して逃げようとしている笑顔ですcatface

目が笑ってないよ~

1008282

雫さん、首肩から背中、右の股関節周りから足にかけてがカチカチだったようです。

うんうん、おかーさんも、首肩はカチカチだよ。

上半身は、触ると明らかに柔らかくなっていました。うらやましいぞ。

脚もときどき逃げようとしながらも、我慢してなんとかマッサージ終了

お風呂からあがって、サラフワになった凛くんも、気持ちよくマッサージ

1008281_2

ヨダレ?鼻水?たらしてたね、凛(笑)

マッサージの後は、ドッグカフェでちょっと遅いランチをいただきました。

100828

日帰り強行ツアーで、車の運転をしてくれたじーん、ありがとう~。

ペットマッサージには興味があったんだけど、アロマはどうもしっくり来ないな~

と思っていました。(人のアロマはやるんだけどねえ)

が、やっぱりこのマッサージはいいかも!ということで、

ちょっと遠くて大変なんだけど、スクールに通うことにしました!

宣言しておかないと、挫折しそうだからねえ(笑)

学校は銀座にあるらしいです。東京に住んでいた頃ですら縁遠かった銀座・・・。

が、がんばりまーす。

新たな挑戦の飼い主に応援のポチ!をお願いしまーす。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2009年12月30日 (水)

おちりから・・・

昨夜、晩ご飯の支度中にふと見たら、ウンチングスタイルの椎太の後ろに雫がお口を~shock

ご~るぁannoy

と怒りたいところですが、そうすると椎太まで怒られてると思うらしいので、無言ですっ飛んで行って雫をぶっとばし(笑)

さあ、椎太くん、うんPの続きをどうぞ~noteと見守っていたら

残りのうんPとともに、血しぶきがぴゅっ!とcoldsweats02

ペットシーツに点々と鮮血が~!!

血便というにはあまりに鮮やかな血なので、おちりが切れたのかと思いましたsweat01

本犬は特に気にする様子もないので、一晩様子を見て病院へ・・・。ちょうど今日の午前中までやっていてくれて助かりました。

うんちの状態はどうですか?と聞かれ、「雫が食べちゃったので良く分かりませんcoldsweats01」と答えるのが恥ずかしかったわ!!sad

最近肛門腺がぷっくりしていたので、もしかして破裂したか?とドキドキしていましたが、出血は腸内からのようでした。触診した先生の指に、軟便とともに血が付いてきました・・・down顕微鏡検査では通常より酵母が多め。軽い大腸炎だそうです。

とりあえず普通の抗生物質と胃腸薬を処方されました。肛門腺もがっつり絞っていただき、思わず写真に撮りたくなるぐらいたっぷり出てましたcoldsweats02 や、撮らないよ

これで治らなければ、酵母対策に抗真菌剤も考えないといけませんが・・・。

しばらくゴハンは少なめという、椎太には一番厳しい宣告を受けて帰ってきました。

明日からしい夫の実家に帰省するのに、困ったね~。天気予報によると大雪みたいだから、はやく治して雪遊びしなくっちゃねsign03

ゴハンの少ない可哀そうな椎太に応援のぽち!をお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2009年11月28日 (土)

Tタッチセッション4回目

前回に引き続き、Tタッチのセッションをしていただきました。

雫は、後肢がガニマタ気味なのでハーネス&ボディラップ。

ほんとうは上半身からつなげてボディラップした方が効果が高いそうなのですが、前回全身ラップをしたところ、テンションアゲアゲupupで、興奮しすぎちゃったので、下半身だけのラップです。

091128

その後歩いてみたところ、後肢の間隔が狭くなってすっと立っている感じでした。

椎太も後肢の内股を修正すべく、全身ボディラップ・・・ですが、写真撮るの忘れたわ~

091128_2

こーんな感じで、床に障害物を置いてゆっくり歩きます。右ターン左ターンを繰り返すと、椎太の左ターンは、なんだかぎくしゃく。滑らかに回らずに、カクカク回る感じ。

全身ボディラップをして、ついでに左足に髪をまとめるゴムをはめて歩きました。左の股関節が開いているのか、不自然な格好なので、左足を意識させる為です。

初めは、足にゴムはついてるし、全身巻かれてるしで、変な歩き方でしたが、

慣れてくると心なしか、滑らかに歩いている??

その後ラップをはずして歩いてみましたが、やはり最初よりきれいに歩けていました。

やっぱりTタッチいいかも~note

今回もいろいろアドバイスをもらったので、忘れないうちに復習しなくっちゃあね。

Tタッチ受けてみたいと思ったらぽちっとね~
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

!click please!

  • the animal rescue site

ツイッターはじめました

こんな仕事をしております

無料ブログはココログ