« 雫の雷嫌いについて考えてみた | トップページ | 雫の雷嫌いについて考えてみた その3 »

2014年6月23日 (月)

雫の雷嫌いについて考えてみた その2

あやうく放置するところだったぜ・・・sweat01

雷が嫌いかどうか、について考えても雫に聞かない限り正解はわかりません。
ですので、ここでは雷がなった時の雫の「行動」について考えてみようと思います。

では雷がなった時に雫の行動をどう見るか。「怖がる」は行動ではありますが、具体的ではありません。
雷が鳴った時に雫が何をするのかといえば、大体はパソコンの前でイスに座っている私の膝に手をかけて、よじ登ろうとします。
そして、私はといえば、雫を膝に乗せてあげてヨシヨシとなだめています。

つまり、随伴性で書くとこんな感じ

雷が鳴る母さんにしがみつく母さんが抱っこする

行動分析で注目すべきは、行動の前に起きたことではなく行動の後に起きたこと。
これが雫にとって、好ましいものであれば、この行動は強化されます。
「母さんにしがみつく」ことが増えているということは、「母さんが抱っこする」が、雫にとって好ましいことであると推測できます。

ところで、外で歩いている時に雷が鳴っても、雫はまったく気に留める様子がありません。
こちらを随伴性で書くとこんな感じ

雷が鳴る歩き続ける散歩続行

雫はお散歩大好きちゃんですので、歩き続けること自体が好ましいものであると同時に、雫がいつもどおりなので飼い主も無反応。
ここで、私が雷がなる度に、「雫こわかったねええ!大丈夫だからねええ!」と声をかけてヨシヨシしたら、もしかしたら外でも雷を怖がる様子を見せるようになるかも・・・?

やりませんけどねっ!そんなことになったらメンドクサイっ!

雫の行動が見えてきた・・・ような気がしますね。
雷が鳴るから母さんにしがみつくのではなく、抱っこしてくれるからしがみつく。
雷はそのきっかけ。

という気がします。
まだ推測です。
たぶんそうだろうなーって感じ。

では、それが正解かどうかを確かめてみましょう。

と、ここで根気が無くなったので続く・・・

« 雫の雷嫌いについて考えてみた | トップページ | 雫の雷嫌いについて考えてみた その3 »

行動分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134068/59862634

この記事へのトラックバック一覧です: 雫の雷嫌いについて考えてみた その2:

« 雫の雷嫌いについて考えてみた | トップページ | 雫の雷嫌いについて考えてみた その3 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

!click please!

  • the animal rescue site

ツイッターはじめました

こんな仕事をしております

無料ブログはココログ