« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月27日 (火)

あしゅら順調です

10日ぶりに、病院に行ってきました。

白血球の数値も正常に戻っていて、血ペイも無くなったと思って良いですね~。順調ですね~noteと言ってもらえました。

今回のような場合、発症から治療までの時間経過で、経過がずいぶんと変わってくるそうです。ほんとに、はやく発見で来て、すぐ近くに24時間対応の病院があって、良かったです。

そんなあしゅらさん、薬の投薬とともに、王子先生の鍼治療も受けております。

1007271 1007272

部屋が暗いので、写真がイマイチ見づらいです・・・。

意外かも知れませんが、おとなしく刺されていますgood

緑の物体が、鍼の柄の部分です。犬猫の指圧療法の本が家にあったので、ツボ選択の参考にしました~。

なんだか、Amazonで本書を探したら、絶版っぽいですね。中古品はまだ入手可能みたいです。

そしてレビューをみたら、原著はもっと専門的で良書みたいです。困った・・・原著も欲しくなってきたぞ・・・。お金ないのに(あしゅらのおかげでdown

2010年7月25日 (日)

ギボウシうまいの?

ペットシーツ節約のため(笑)朝一番の排泄は、庭でするようにしてるんですけどね

日陰規制やらなんちゃらかんちゃらのせいで、北側に中途半端に広いスペースがあるので、柵をつけて囲ってあります。いかんせん北側あーんど粘土質のじめじめ土壌で、育つ植物も限られてくるので、ギボウシ(ホスタ)が2株植えてあります。

で、椎太くんは、ギボウシの旨さに目覚めてしまったらしく、トイレのために出したはずが、おめざのデザートとしてギボウシの花をパクパクと・・・down

つぼみ(花)や若い芽が特においしいらしいです。

ま、ギボウシって、もともと山菜みたいなもんだし、ちょっと前のケンミンショーでもどっかの県で常食してるって言ってたし、ま、いっか~と、黙認していました。

が、今朝はいつも以上にギボちゃんに夢中。

トイレが終わって、家に戻ろうと呼んでも来やーしねえannoy

ムカついたので、雫だけ連れて家に入っても、まだ気付かずギボウシの大株に顔を埋めて中心のおいしい辺りをハムっているご様子。

ますますムカついたので、雫にだけゴハンあげて、2階の窓から庭の様子を眺めていたら・・・

やっと気付きました。

一人取り残された自分にsmile

気付いたら、さあ、びっくり。2箇所ある出入り口を往復してもだーれもいません。

さっきまでぴーんと上がっていた尻尾が、扉の前でしおしお~っと垂れていく様子が、笑える~catface

扉を脚でガチャガチャやったりしてもダメだとわかったらしく、今度はぴーぴー鳴きはじめました。

ここでやっと庭にお迎えに参上。

本犬は、なんで置いてきぼりにされたかは分かってないだろうけど、ちょっと気が済みました。私の(笑)

庭でトイレの後は朝ご飯なのだけど、あれだけギボウシをかっ食らったので、今朝はご飯抜きです。ヤツは当然もらえると思い込んで、未だに

「朝ご飯まだですけど!?」

みたいな顔でソワソワしていますgawk

いつも応援ありがとうございます。ポチっ!とお願いしまーす。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

2010年7月18日 (日)

退院しました~

ご報告が遅くなりました!あしゅらですが、水曜日に無事退院できましたnote

ご心配いただいた皆様、暖かいメッセージを下さった皆様、ありがとうございました。

入院してからの5日間は、高濃度酸素室に入りっぱなしだし、ご飯は食べないし・・・でどうなることやらと思いましたが、

現在は脚の後遺症もなく(筋肉が落ちてしまって、ちょっとふらついてますがsweat01)、入院前とほぼ同じように生活できています。

入院中は食べなかったカリカリフードも、家に帰ったらいきなり食べるようになってます(笑)

エコー検査の結果、やはり肥大性心筋症でした。心臓の筋肉が、正常な状態の倍以上の厚みになってしまい、心室のスペースが狭くなってしまっています。血液を全身に送るポンプの役割が十分に果たせない・・・という状態です。

実は肥大性心筋症の疑いと聞いて、いろいろ調べてみると、いいことが書いてないんですね。予後も非常に悪いようで、この夏を越えるのは無理じゃないか、とちょっと覚悟しかけました。

が、さらにネットの海を潜ってみたら、同じように肥大性心筋症で、血管の梗塞を発症してから、2年以上元気にしている猫さんのブログを発見したりして、すこーし、夢をもてるのかな・・・と、欲が出てきています。

1日3回の投薬はかかせない体になってしまいましたが、幸いしい夫は東洋医学の専門家shine 普通ならできないアプローチで少しでもあしゅらの体が楽になるように、して上げられるのではないかと、模索しています。

油断はできないけど、悲観しないように、できることをやっていきますので、見守ってくださいね~note

2010年7月 8日 (木)

あしゅら緊急入院

近ごろは、朝4時半に起きて早朝パートにでかけるワタシなのですが。

着替えようと寝室でごそごそしていたら、私のベッドで寝ているあしゅらの様子が何かおかしいことに気づきました。体全体が小刻みに震えている・・・と思ったら、犬のように口でハアハアと呼吸しています。

猫は通常口で呼吸をしないので、不審に思って様子を見ていたのですが、どんどん息が荒くなってくる・・・。どうも下半身が動かないようです。

「あしゅら、おかしいよ」

と言ったら、隣で寝ていたオットが飛び起きました。(いつもは地震が来ても起きないのに)

幸いにも我が家のセカンド病院が夜間対応してくれるところなので、電話して夫が連れて行ってくれました。私は、後ろ髪ひかれつつ、お仕事へ。

その後のことは、すべて夫がしてくれたのですが、

心筋症の疑いが濃いようでした。後肢の動脈に血栓がつまってしまい、血液が流れなくなっているそうです。X線で心臓を見ると、ハート型になってしまっているそうです。

高濃度酸素治療室に入れて、血栓を溶かすためのヘパリンを点滴投与。

しばらく入院生活です。

昼ごろに様子を見に行ってきましたが、とりあえず状態は落ち着いていました。酸素濃度40%の個室にはいって、点滴はつながったままです・・・。

今朝病院に連れて行った時の状態は、先生曰く、「正直あぶなかった」そうですshock それを今言うってことは、危ない状態は通り過ぎたってことだよね!?

本猫は入院させられて、点滴繋がれて、超ご不満でワオワオ文句を言っていましたが・・・文句を言える元気があるって、すばらしいcrying

100708

後足の麻痺も、先生が肢を触ったら引っ込めようと反応したので、元の状態に回復できる可能性もあるかもnote

まだまだ予断は許さない状況なのですが、このまま順調に回復してくれますように!

2010年7月 7日 (水)

初プール

日曜日は、お家の5年点検があったのですが、予想外に早く終わったので、プール付きのドッグランに行ってみましたnote

まずは、ランでひとっ走り。暑い日でしたがすこーし雲が出てくれて助かりました~。

テンションの高いフレンチブルとご挨拶。

100707

フレブルの顔が、埋もれてますcoldsweats02 椎太たちが気に入ったと見えて、暑さをものともせず、大型犬のスピードについてかっ飛んでいましたdash

そこへ、やってきたのが生後半年のゴールデンの女の子happy02

100707_2

きゃわいい~heart04

最初こそ、ちょっぴりビビっていましたが、ご挨拶も上手にこなし、るんるんと椎太たちにくっついて遊んでいました。

ひと通り遊んだところで、別エリアのプールへGO

プールサイドがなだらかなスロープになっているので、飛び込めないヘタレ椎太には最適ですcatface 残念ながら泳げるほどの深さでは無かったのですが、大喜びでプールに進水した椎太は、顔から水中に潜って今年初の水遊びを満喫しておりました。

雫はといえば、自らプールに入ることはないのですが、おもちゃを投げると水しぶきをあげて飛びこみwave しかもよそ様のおもちゃも奪うという暴君ぶりを発揮していました・・・。

100707_3

プールの写真がこれしかないのは、飼い主たちもはしゃいでいたので、写真を撮る余裕が無かったせいです(笑)

ブロガーとしてはdameですが、犬の飼い主としてはそんな日もありだよね(笑)

いつも応援ありがとうございます。ポチっ!とお願いしまーす。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

!click please!

  • the animal rescue site

ツイッターはじめました

こんな仕事をしております

無料ブログはココログ